2015年12月10日

【山梨でオールセラミック】安い前歯にする前に。

Japan Dental Frontier.jpg


前歯を差し歯にしなければいけなくなった人のために記事を書きます。

私は山梨県在住、30になったばかりなのですが、この年で前歯が差し歯だと仕事でもやっぱり印象が悪いと私は思います。

そんなことないという人もいるでしょうが、私がしている営業の仕事だと特に外見というのはすごく重要で、笑顔に差し歯が見える人だと仕事にも影響が出てくると思うんです。

前歯が差し歯だからダメというわけではないですが、間違いなくマイナスの印象を与えることは確かでしょう。

若いうちに前歯を差し歯にしなければいけないのであれば、そこにはある程度お金を使った方がいいでしょう。

私はオールセラミックという、金属を一切使わずセラミックで作った差し歯にしました。

オールセラミック治療は保険が効かない治療なので費用が安いとは言えないのが難点ですが、外見に関しては素晴らしいです。

見た感じでは差し歯だと分かりませんので、笑顔の印象を悪くすることもありませんし、他人にバレる心配もありません。

仕事で印象が〜というのは、もちろんそれもありますが何より私が個人的に、前歯が安い差し歯の人を見たときに「残念だな」と思うので、自分はそうはなりたくないという思いからセラミックの歯を選びました。

これが60歳70歳になってくれば話は別です。

それくらいの年になってくれば基本的に自分の歯というのを維持するのが難しくなってくるでしょうし、そこまで外見にお金をかける必要もなくなってくるように感じます。

ですが若いうち、40代くらいまではやっぱり外見はよくしているに越したことはありません。

人付き合いでも人間は外見で人を判断します。

これは無意識レベルの話ですが、ルックスがいい人は営業の成績もよく、他人が話をよく聞いてくれるという実験結果も出ています。

なので仕事だけではなく、実生活でも様々な利点があることは想像に難くないので、前歯を差し歯にするのであれば値段が安いかどうかよりもしっかりと外見を考えた差し歯にするべきだと私は考えています。

そしてオールセラミックは保険が効く安い差し歯と違ってルックスを損ねることはありません。

その中で山梨県内のオールセラミックの値段が安い歯科を探すことは正しいと思います。

私は山梨で探した結果安い歯科がありませんでしたので他県に数回通院することになりましたが、1本前歯をセラミックにするのに7万円ほどで済み、これは相場から考えるとかなり安い値段になっています。

だいたい山梨だけでなくどこでも15万円ほどが相場のようですので、半額以上に安い値段ということになります。

このように、自分の前歯を差し歯にするのであればよく調べた上で損をしないようにしたいものです。

ときには山梨県外にまで目を向けてみるといい方法が見つかるかもしれません。

山梨ではありませんが私が通院したところは以下のところです。

名古屋で前歯を安い値段でオールセラミックに!Japan Dental Frontier



2015年12月09日

審美歯科のオールセラミックで歯の美容整形をする

歯の美容整形を考える場合、審美歯科のオールセラミックはとても有効な方法です。
その理由はまず、オールセラミックがメタルフリーの治療であることです。
メタルフリー、つまり金属を一切使用しないというわけですから、金属アレルギーを心配する日必要がないのです。
金属アレルギーが酷い方でも安心して治療を受けることができますし、歯茎が黒ずんで見えるということもなくなります。
また、治療期間が短くてすむこともオールセラミックの利点の一つです。
実際の治療期間は医院によって、また個人によって異なりますが、概ね1ヶ月程度で終わるとても短いものです。
忙しい社会人の方も多いと思いますが、この治療法なら多忙の中でも歯の美容整形を実現することができます。
一方で、デメリットとして考慮しておくこともあります。
例えば、オールセラミックが自由診療の審美歯科であるということです。
これは何を意味するかといえば、保険が適用できないため費用負担が高額になることです。
資金的な備えに不安がない人もいるかもしれませんが、それ以外の人は、しっかりとした予算や資金計画を立てておくことが求められます。
インターネットの口コミや比較サイトなどで安い医院を探すこともできますが、医院を探すときは保証内容についても確認するようにしましょう。
保証内容は医院ごとに違いがありますが、3年、5年、10年などの保証期間があり、そうした保証期間内であれば不具合に無料で対応してくれます。
また、審美歯科の治療はデリケートなものが多いので、治療技術には高いセンスも求められます。
歯科医の技術はもちろんのこと、技工士の技術、デザインセンスなども比較しておくようにしなければなりません。
オールセラミックの治療には、メリットとデメリットもあります。
メリットとしては、ホワイトニングより歯を白くできること、治療できる医院が多いこと、治療期間が短いこと、透明感と艶のある仕上がりになることです。
デメリットは、自由診療であること、衝撃に弱いこと、短期間で剥がれることもあることです。

美容整形として審美歯科のオールセラミックを考える

オールセラミックを活用して歯を美しく整形したいと思ってる人がいるかもしれません。
それはとてもよい方法であるといえます。
なんといってもオールセラミックは短期間の治療で美しくすることができますし、メタルフリーなので金属アレルギーの酷い人でも治療が受けられます。
治療の応用範囲も広くて、保険のクラウンの変色を治したいとか、差し歯の黒ずみを治したい、歯の先のギザギザ、前歯の傾きを改善したい場合にも有効です。
さらには前歯に線が入った、ねじれてきた、歯の形を整えたい、ホワイトニングより白くしたい、変色した、黄ばんできた、割れた、欠けたという場合にも対応します。
このように応用範囲が広いことがオールセラミックの魅力ではありますが、その反面、デメリットがあることも注意しておかなければなりません。
一つは、自由診療の審美歯科であることです。
審美歯科での美容整形になりますので、通常の治療のように保険を適用することができません。
したがって、かかる治療費が全額自己負担になることが一つの大きなデメリットです。
治療費は医院ごとに違いますが、中には特に高額な治療費を提示する医院もあります。
一方で、安い料金を提示してくれる医院もありますが、費用が安いことだけに気を取られることも危険です。
治療の完成度は歯科医の技術に左右されるところがあります。
したがって、歯科医の治療技術、ノウハウ、デザインセンス、実績、経験、評判などを総合的に見て、判断する必要があります。
医院選びにおいては、インターネットの口コミ、比較サイト、治療費ドットコムの情報などを参考にすることができます。
さて、オールセラミックではメリット・デメリットについて確認しておく必要があります。
メリットとして挙げられるものは、見た目が綺麗なこと、色素や歯垢が付きにくいこと、金属アレルギーの心配がないこと、治療できる医院が多いことです。
デメリットは、歯が長持ちすること、後戻りがないこと、費用負担が大きいこと、ダメージに弱いことなどがあります。
繰り返しになりますが、オールセラミックは自由診療の審美歯科での治療になります。
自由診療では保険が適用されませんので、その分、費用負担が大きくなります。